中野区議会議員 ひやま隆(檜山隆) 衆議院議員ながつま昭元公設秘書

トピックス

2018年3月29日(木) 沼袋駅北口で昼の辻立ち

掲載日:2018.03.29

 ひやま隆です。本日は沼袋駅北口(西武新宿線)にて辻立ちをいたしました。平成30年中野区議会第1回定例会は、昨日の3月28日に閉会しました。 今定例会の最大の議題は「第6号議案 平成30年度中野区一般会計予算」です。平成30年度一般会計予算は、前年度に比べ134億2,200万円、10.4%増の1,427億6,800万円となり、過去最大の予算規模となりました。平成30年度予算には、将来にわたり大きな懸念となる可能性のある中野駅新北口駅前エリア再整備事業計画の1万人規模のアリーナ計画も含まれております。
 「所有」と「運営」のあり方をどうするのか、施設の経年劣化による潜在的なリスクを誰が担うのか、資金をどうするのか、そうした根本的な問題に対する見通しが立たないまま、アリーナ建設ありきで事業が進んでいくことは拙速と言わざるを得ません。
 何より、このアリーナ計画そのものが区民にとってどのようなメリットがあるのか、住民の福祉(安全安心)の増進に資するものなのか、いまだ区の説明では理解出来ません。
 区長は施政方針説明の中で5期目に出馬される意向を表明されました。多選による弊害が様々な場面で生じている状況を鑑み、こうした区長の政治姿勢に対しても到底賛同することはできません。これらの理由から、我が会派としては、来年度予算に反対をいたしました。

ひやま隆(2018.03.29)|写真日記

お問い合わせはお気軽に

このページのTOPへ戻る