中野区議会議員 ひやま隆(檜山隆) 衆議院議員ながつま昭元公設秘書

トピックス

2015年7月19日(日) 地元で演歌を鑑賞しました

掲載日:2015.07.19

 ひやま隆です。気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年と比べて2日早いそうですが、いよいよ本格的な夏の到来ですね。
 本日は、中野区内で演歌を鑑賞してきました。演歌といっても現在の歌謡曲としての演歌ではありません。そもそも演歌とは、「演説歌」の略語であり、明治時代の自由民権運動の産物といわれています。藩閥政治への批判を歌に託した政治主張・宣伝の手段であり、演説に関する取締りが厳しくなった19世紀末に、演説の代わりに歌を歌うようになったのが「演歌」という名称の始まりともいわれています。
 本日は、この頃流行した「オッペケペー節」を筆頭に「ヤッツケロー節」「ゲンコツ節」等といった歌を鑑賞いたしました。お誘い頂き、ありがとうございました!

ひやま隆(2015.07.19)|写真日記

お問い合わせはお気軽に

このページのTOPへ戻る