中野区議会議員 ひやま隆(檜山隆) 衆議院議員ながつま昭元公設秘書

トピックス

2014年12月の記事一覧

2014年12月31日(水) 2014年の終わりにあたって

掲載日:2014.12.31

 ひやま隆です。
 本年も残すところ、あと数時間となりました。本日は、年末の挨拶まわり、そして、今年最後のポスター貼付活動を行いました。
 先日、長妻昭衆議院議員が記者会見で民主党代表選挙へ立候補する意向を正式に表明しました。会見の中で、長妻代議士は「党勢を拡大し、将来、再び政権交代できる政党にしたい」と述べました。長妻代議士の勇気に心から敬意を表したい。
 政権交代可能な二大政党制の実現―。
 この壮大な物語は、今から21年前、当時、自民党改革派と言われた小沢一郎氏、岡田克也氏らが「政治改革」の旗を掲げ自民党を飛び出したことから始まります。1998年、民主党結党。それ以来、民主党は満身創痍、幾多の試練に見舞われながら、いばらの道を歩んできました。そして、2009年、長妻代議士の「消えた年金問題」の徹底的な追及が大きなエネルギーとなり念願の政権交代。民主党政権は、日本の強固な既得権の改革に本格的に挑んだ初の政権でした。しかし、2012年の総選挙で民主党は下野。その後の選挙では惨敗が続きました。
 しかし、それでも私は、民主党が目指す「コンクリートからヒトへ」「格差が小さく、すべての人に居場所と出番のある社会の実現」という方向性は決して間違っていないと考えます。
 長妻代議士には、民主党綱領にも明記されている「未来への責任を果たすため、既得権や癒着の構造と闘う改革政党」という原点を忘れず、二大政党の一翼を担う政党として自民党とは異なる目指すべき社会像を旗幟鮮明に訴えて欲しい。そして、再び政権再交代を起こし、確かな民主党政権を実現していきたい。政治家・長妻昭に秘書として仕えた私の唯一の心残りは、在職中に長妻総理が実現出来なかったことです。
 「政治とは可能性の芸術である」
 その言葉を信じて、来年も着実に一歩一歩進んでゆきたいと思います。皆様もよいお年をお迎えください。そして、来年も引き続き、ひやま隆を宜しくお願い致します。
 ※写真は、秘書時代の予算委員会での風景です。

ひやま隆(2014.12.31)|写真日記

2014年12月25日(木) ながつま昭代議士と朝の街頭演説

掲載日:2014.12.25

 ひやま隆です。
 本日は鷺ノ宮駅南口にて、ながつま昭衆議院議員と朝の街頭演説をいたしました。
 衆院選が終わり、連日、ポスターの貼り替え作業に追われています。おそらく、民家の壁にポスターを貼るという作業を仕事として経験された方は、一部の職種を除き、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
 人はポスターを貼り続けると、どうなるのか―?
 この疑問に、秘書時代から何万単位のポスターを貼ってきた私が答えるなら、以下の通りです。
 1.壁フェチになります。壁の素材や構造に異様に詳しくなります。
 2.街角のポスターに必ず目がいってしまいます。飲食店やその他のポスターを見て「ちょっと曲がってる・・」「自分なら、この角度・この高さに貼るのになぁ」「そこはテープじゃなくて、両面テープで裏貼りからの画鋲じゃないと剥がれちゃうよ!」など、心の中で勝手にモジモジします。
 この記事を読み、少しでもご興味が湧いた方は、ひやま隆事務所(03-6915-3459)までご連絡下さい。ポスター貼りのスタッフ募集しています。
 

ひやま隆(2014.12.25)|写真日記

2014年12月16 日(火) ながつま昭代議士と朝の街頭演説

掲載日:2014.12.16

 ひやま隆です。
 本日は中野駅南口にて、ながつま昭衆議院議員と朝の街頭演説をいたしました。
 12月14日投開票の総選挙において、ながつま代議士は、小選挙区で6期目の当選をいたしました。選挙御礼は公職選挙法で禁止されている為、結果のみご報告させて頂きます。
 ながつま昭:104,422
 松本 文明: 83,476
 太田 宜興: 27,866
 吉田康一郎: 18,332
 (敬称略)
 今回の総選挙の結果を受けて私なりに思うところが多々ありました。後日、まとめたものをアップしたいと思います。

ひやま隆(2014.12.16)|写真日記

2014年12月11日(木) ≪衆院選≫幡ケ谷駅北口で街頭演説

掲載日:2014.12.11

 ひやま隆です。
 本日は、幡ケ谷駅北口にてながつま昭候補の街頭演説を実施いたしました。
 「国賊」「売国奴」―。街頭での活動中にこんな言葉を浴びせられることがあります。私が政治の世界に足を踏み入れてから、様々な選挙を経験しましたが、こうした言動を目の当たりにするようになったのは、ごく最近のことです。
 私自身は、自分自身が愛国者であると自負しているし、この国を愛しているからこそ、よりよい日本を創りたいと政治家を志したのです。私が心配しているのは、「国賊」「売国奴」に象徴される排他的な空気が言論空間のみならず社会全体に広がりつつあるのではないかということです。今から2000年前、Clementia:「寛容性」を掲げ、人類史上空前の繁栄を誇ったローマ帝国。その盛衰を深く思索しているのが塩野七生さんの『ローマ人の物語』ですが、私たち日本人は、今こそ、その歴史を学ぶ必要があると思います。「多様性が尊重される寛容な社会の実現」こそが、日本を強くしなやかな国にする道であると、私は考えています。
 ※鈴木邦男さんの「愛国問答」にも同様のテーマに関する記事が掲載されていました。コチラからご覧下さい

ひやま隆(2014.12.11)|写真日記

2014年12月8日(月) ≪衆院選≫岡田克也 元副総理、来たる!

掲載日:2014.12.08

 ひやま隆です。
 本日、ながつま昭候補は岡田克也代表代行・元副総理とともに笹塚駅にて朝の街頭演説をいたしました。岡田克也代表代行は、「投票率が低いと言われているが、そうだとすると『投票率が下がれば自分たちに有利だ』というその思惑通りになってしまう。この動きにストップをかけ、暴走に歯止めをかけるために力を貸してほしい」と呼びかけ、このまま安倍政権が続けば、アベノミクスの行きつく先はアメリカ型の格差社会であり、また安全保障や憲法などをめぐって国の形も大きく変わってしまうと訴えました。
 

ひやま隆(2014.12.08)|写真日記

2014年12月6日(土) ≪衆院選≫中野駅南口で街頭演説

掲載日:2014.12.06

 ひやま隆です。
 本日は、中野駅南口にてながつま昭候補の街頭演説を実施いたしました。
 渋谷区・中野区の公立中学校では、生徒全体で3人に1人もが、給食費などの援助を受ける就学援助を受給しているのが現実です。
 ながつま候補は、「一人ひとりの子どもが持てる能力を最大限発揮できる社会の実現に全力を尽くします。」と述べ、格差是正に向けての考えを訴えました。

ひやま隆(2014.12.06)|写真日記

2014年12月4日(木) ≪衆院選≫沼袋駅北口で朝の街頭演説

掲載日:2014.12.04

 ひやま隆です。
 衆院選3日目の朝は、沼袋駅北口でながつま昭候補の街頭演説を実施致しました。ながつま候補は、「アベノミクスによって国民生活は疲弊しています。憲法もないがしろにされてきました。この国の行方に思いをめぐらしていただき、今こそ、流れを変える大きな力を、ながつま昭と民主党に与えて下さい。」と支持を訴えました。

ひやま隆(2014.12.04)|写真日記

2014年12月2日(火) 衆議院選挙スタート

掲載日:2014.12.02

 ひやま隆です。本日から衆議院選挙が始まりました。
 12日間の長い闘いになります。ご近隣の皆さまには拡声器の音などでお騒がせをする場面もございますが、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。私、ひやま隆は、ながつま昭衆議院議員候補を全力で応援します!
 ながつま候補者のホームページも是非、ご覧下さい。
●ながつま昭の訴えたいこと:http://naga.tv/special01/
●ながつま昭の考える解散の争点:http://naga.tv/special/

ひやま隆(2014.12.02)|写真日記

このページのTOPへ戻る