中野区議会議員 ひやま隆(檜山隆) 衆議院議員ながつま昭元公設秘書

トピックス

2014年12月25日(木) ながつま昭代議士と朝の街頭演説

掲載日:2014.12.25

 ひやま隆です。
 本日は鷺ノ宮駅南口にて、ながつま昭衆議院議員と朝の街頭演説をいたしました。
 衆院選が終わり、連日、ポスターの貼り替え作業に追われています。おそらく、民家の壁にポスターを貼るという作業を仕事として経験された方は、一部の職種を除き、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
 人はポスターを貼り続けると、どうなるのか―?
 この疑問に、秘書時代から何万単位のポスターを貼ってきた私が答えるなら、以下の通りです。
 1.壁フェチになります。壁の素材や構造に異様に詳しくなります。
 2.街角のポスターに必ず目がいってしまいます。飲食店やその他のポスターを見て「ちょっと曲がってる・・」「自分なら、この角度・この高さに貼るのになぁ」「そこはテープじゃなくて、両面テープで裏貼りからの画鋲じゃないと剥がれちゃうよ!」など、心の中で勝手にモジモジします。
 この記事を読み、少しでもご興味が湧いた方は、ひやま隆事務所(03-6915-3459)までご連絡下さい。ポスター貼りのスタッフ募集しています。
 

ひやま隆(2014.12.25)|写真日記

お問い合わせはお気軽に

このページのTOPへ戻る