中野区議会議員 ひやま隆(檜山隆) 衆議院議員ながつま昭元公設秘書

トピックス

2016年11月11日(金) 長妻昭代議士と街頭演説

掲載日:2016.11.11

 ひやま隆です。本日は、新中野駅にて長妻昭衆議院議員と共に朝の街頭演説をいたしました。今朝の東京は、大変冷たい雨でした。田中角栄元首相の薫陶を受けた小沢一郎氏によると田中先生の教えの一つに「地道な地元活動を行え。手を抜くな。徹底的に有権者と接しろ」というものがあったといいます。「あれこれ考える前に、行動する。有権者の中に飛び込んでいって、みんなの話を聞く。これに勝る勉強はない」「徹底的な地元まわりと並行して、毎日、雨の日も風の日も朝、駅前や繁華街の街頭で辻立ちをする。これがいやだというのなら、政治家にならないほうがいい」この小沢氏の教えは、私が政治家に立候補を決意して以来、ずっと心に刻んでいる言葉です。言うは易く行うは難く、できるならばやりたくない、もっと楽に済ませたい、そう考えるのが人情です。正直に言えば、私自身の活動は自分自身の弱さとの闘いという部分もあります。しかし、そんな楽をしていたら、結局有権者はそっぽを向く。選挙に弱くなる。選挙に弱い政治家は大成しない。その教えをこれからも自分の胸に叩き込んで、地に足のついた活動を続けてまいります。

ひやま隆(2016.11.11)|写真日記

お問い合わせはお気軽に

このページのTOPへ戻る